感動とビジネスの接点とは?
顧客満足度を上げても業績は上がらない?
「Customer Sutisfaction=顧客満足」を企業活動の指標とする時代が長く続いてきました。
お客様のニーズを調査し、ニーズを満たす商品やサービスを提供する。
多くの企業が、お客様の満足を求めてさまざまなチャレンジを続けてきました。
顧客満足という概念が誕生した20世紀後半という時代は、まだモノが不足し、品質に大きなバラツキがあった時代でした。「満足」という言葉の意味は、「満ち足りる」のではなく、「足りないモノを満たすこと」でした。
21世紀に入り、世の中にいいモノがあふれ、供給過剰でモノが余っていると言われる状況の中、この指標が今、急速に鮮度を失いつつあります。

戦争用語から生まれるもの
モノだけを売り顧客の満足を目標とするビジネスは、安売り競争という不毛な戦いに巻き込まれ また、売り上げ至上主義が蔓延したビジネスの現場では、お客様をまるで叩き潰す敵のように表現する「顧客戦略」「営業の戦闘力」「囲い込み」「攻略」という戦争用語や、心理学を駆使した「思わず買わせるテクニック」などが異常に発達しました。
その結果、一度は買ってもリピーターにはなり得ない大量の顧客を生み出してきました。
モノだけを売り顧客の満足を目標とするビジネスは、安売り競争という不毛な戦いに巻き込まれ、「顧客満足、社員不満足」という典型的な悲劇を繰り返してしまいました。

感動から生まれるもの
私はかつて、一部上場企業でマーケティングの仕事をしながら、演劇の俳優をするという二足の草鞋の経験から、演劇で観客に感動を届けるやり方とビジネスの成功には、大きな関連があることに気がつきました。
実際に当時所属していた企業のセールスと商品開発の現場に、演劇の感動創造手法を導入することで、驚異的な業績アップに貢献しました(推定効果約300億円)
その結果、心の時代と言われる現代において、企業の業績に直接つながる重要な要因がなんであるかを実体験することができました。
世の中に目を転じてみても、好況不況に関わらず、感動したい人多数、感動させたい人少数という状況であり、「需要過多供給不足」の巨大なマーケットが存在しています。
「満足」の次の指標、それはまぎれもなく「感動」なのです。
 
期待 = 実感 ⇒ 満足
期待 < 実感 ⇒ 感動

      【感動の方程式TM】より

 
壁を突破するカギは、「感動力」という能力の存在を知ることにあります。 では、自社のビジネスで感動を生みだすにはどうすればいいのか?
ここを間違うと、せっかくの感動が、お客さまの失笑を買う「自己満足型感動」や、社員が疲れ果てて辞めていく「自己犠牲型感動」といった悲劇に陥ります。
 
心を動かす感動を生みだす劇的な方法やテクニックは存在しません。
社員の内側にある感動する心を育て、感動を生み出す創造性を育むことで、持続性のある「自他感動型」のビジネスが実現します。
 
壁を突破するカギは、「感動力」という能力の存在を知ることにあります。
「感動力」という21世紀型のビジネス能力を頭で理解し心で体感するのが、平野秀典の講演(公演)&実践講座です。

感動力が磨かれると、様々なビジネスや人生の場面(シーン)で劇的な違いを生み出します。
日々の仕事に躍動感が生まれる
売り上げを高確率でリピートにつなげられる
社員に効果的にインスピレーションを与えられる
組織で周りの尊敬を集めるリーダーになれる
社内外の交渉の場で心からの共感を得ながら望む結果を得られる
誠実な信念を貫きながら劇的な営業成績を残せる
スピーチやプレゼンで聴衆に感動の渦を巻き起こす
ブランドを劇的に確立し、個人と組織の「ファン化」を進める
見込み客の顧客化、常連化を加速する
部下が自分についてくる存在になれる
ビジネスで圧倒的な結果を出せるようになる
仕事だけでなく人生も豊かに成功させるコツをつかめる
ブランドを劇的に確立し、個人と組織の「ファン化」を進める
平野秀典の講演(公演)、企業指導の概要はこちら
講演依頼・お問い合わせはこちら
 
(↓「GIFTの法則」TSUTAYA DVDプロモーション映像です。)

100万人感動倶楽部とは
日本中に100万人の感動創造者を生み出すきっかけを提供します。
続きを見る

メールマガジン
メールマガジン
毎週火曜日の朝8時半に届く、心が元気になる感動エッセイ。楽しくわかりやすい言葉に中に「感動を創造する表現力の秘訣」が満載。「まぐまぐ殿堂入り」メールマガジン。

メールアドレス

バックナンバーを見る

企業講演・指導実績
マイクロソフト株式会社
日本生命保険相互会社
アイエヌジー生命保険株式会社
キリンビール株式会社
株式会社伊勢丹
株式会社成城石井
鹿島建設株式会社
レクサス
峠の釜めし本舗 おぎのや
株式会社ヤクルト本社
日本経営合理化協会
株式会社リコー
続きを見る

平野秀典の感動ブログ
平野秀典の感動ブログ

続きを見る

セミナー参加者の声
感動から感激そして
感謝の気持ちです。

たくさんの気づきを教えてもらい大変参考になりました。公演会のリピーターが多いといわれるのが実感できました。当然、また参加したいと思っています!!
響尾健悟様

今回で平野さんの話を
きかせてもらうのは
3回目ですが・・・

いつも新たな発見があります。今回も話が終わった後、心が温かくなりました。 これが1時間、1日でも長く続くよう、心に腹におさめておきます。
杉本直広様

続きを見る

感動の共演者リンク
磯一明
団長
安達充
佐藤治
赤城夫婦
塩谷賢作
大棟耕介

お知らせ
観音崎感動塾

GIFTの法則 TSUTAYA DVD

平野秀典 特別公演DVD

著作のご案内
感動プロデューサー活動10年の節目に贈る「平野式感動メソッド」集大成。
詳しく見る

Move one, move all. 情報爆発時代に、大勢の人の心に届く表現力の極意。理性と感性双方を刺激する新感覚のビジネス書。斬新な4つの法則が気づきの嵐が巻き起こす。
詳しく見る

感じて動けば未来は変わる。人や組織の未来を輝かせるための小さな気づきを散りばめた初のポエム形式のビジネス書。
詳しく見る

2010年10月発売&通算10冊目の記念本。自分らしさを発揮し、他者と喜びを共有する自他感動の共鳴型ビジネスを志す方必見。
詳しく見る

珠玉の感動実話を厳選したベストアルバム的な作品。読書と音楽とを融合させた新しい読書スタイルを提案。
詳しく見る

「話し方とは、人を幸せにする表現力である」という立場から、延べ10万人と感動を共有してきた人気講演家が初めて語る、一味違った「話し方の極意」
詳しく見る

これからのビジネスは、お客様に買っていただくのはではなく、感動したファンの方に買っていただく時代。この本には「感動力」という新しい力の「心と技」がぎっしり詰まっています。
詳しく見る

『共感力』は、平凡な仕事を感動的な仕事に変え、ビジネスを劇的に進化させる原動力。あなたの人生と仕事の突破口を開く一冊です。
詳しく見る

この本は、読むと幸せになるビジネス書です。テクニックやノウハウは、一言も書いてありませんが、自分や商品を豊かに表現する知恵がたくさん書いてあります。
詳しく見る

お客様を共演者に、感動の連鎖をつくる。演劇とマーケティングの融合から生まれた感動を設計する技と思考法。感動の設計図が満載です。
詳しく見る

口コミで売れ続けるロングセラー!韓国、台湾出版も決定。著者の人生を変えた思い出の本。感動の道具箱と呼ばれています。
詳しく見る